2008_08
09
(Sat)12:45

紫陽花

あじさい

紫陽花はそんなに好きな花じゃなかった。
でもその花が、とても意味深い忘れられない花になるなんて・・・

6月19日午後4時過ぎ 紫陽花の花の下で母が倒れ、2日後に旅立ってしまった。

なにがなんだかわからなかった。なにが起きているのか把握が出来ないまま
母は眠ったまま、逝ってしまった。

働き過ぎだよ・・・。ただただ子供の為に働いて・・・。
お父さんもそうだったよね。


お母さんが逝く少し前、お父さんが迎えに来たこと、私知ってるよ。

誰も信じないかもしれないけど、病室でお母さんのベットのそばで横になってたら
窓も開いてないのにふわ~っと風が私のすぐ横を通りすぎた。
ふとたばこのにおいがして、え?とおもって母のほうを見たら
だんだんと息が上がってきて・・なんかおかしいて思って看護婦さんを呼んだんだ。


「もう、いいな、行こうな」 そう言って連れて行っちゃったんだよね。


一番してはいけない事は、子供に迷惑をかける事。
二人とも、そう思って生きていたね。
そして、なにも迷惑かけずに母は願いどおり「ポクッと死にたい」を実践しちゃった。

たいしたもんだよ、お母さん。

だけど畑の草取りも、お母さんが育ててた作物の管理が大変だよ・・・。

よくも一人であんなに広い畑を、除草剤も使わずに奇麗にしてたよね。
あなたのように働いてたら、確かに死んじゃうよな・・・とつくづく思ったよ。
我慢強いのも考えものだね。。

やっと四十九日経って、あなたが居ない事に少しだけ慣れてきました。
ただ、たくさんのありがとうを言えないままだった事が悔やまれます。。

あなたがどれほど大切な人だったか・・・どれほど私の支えだったか・・
驚いたまま、泣くことも忘れていたような日々だったけど、
このまま頑張ります。

私は強い子だから。そうやって育ててくれたから。。


大好きなお姉ちゃんとお父さんと幸せにしていることと思うことにしてます。
お母さん、お疲れ様ね。
もう、ゆっくりしなね。

ありがとね、ありがとうね。










スポンサーサイト
完成   
«  HOME  »