2014_02
15
(Sat)23:10

名古屋

2日目。今日も晴天 


新幹線で通り過ぎるだけで、今まで立ち寄ったことがなかった
名古屋へ行ってみることにしました。



科学館
名古屋市科学館

ここでは、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之さんとブラザーとの
共同開発によって作られたブラザーアースという精巧なプラネタリウムが見れるんです。

自慢じゃないけど私、プラネタリウム初体験 
一度見てみたかった。

ブラザー

10時過ぎに着いたけど、すでに予定の11時のチケットは売り切れ 
仕方なく13時50分を予約して、ちょっと早いランチに向かいました。


あつた
科学館から歩くこと約10分ちょい。
松坂屋の10Fにある、ひつまぶしで有名な あつた蓬莱軒

11時のオープンと同時くらいに着いたにもかかわらず
お店にはすでに10数人先客がいてビックリ。

さすが有名店だ。早く来てみてよかった。

蓬莱能書き


ひつまぶし
おひついっぱいに詰め込まれたひつまぶし、お腹一杯になりました。
とっても美味しかった。



その後、娘との共通の趣味のカフェめぐり。

3+カフェ

まず1件目は、3+(トロワプラス)というお洒落カフェ。
スイーツ食べてみたかったけど、お腹がいっぱいだったので珈琲だけ。

アンティーク雑貨と併用していたカフェで、シュールな魅力で素敵なんだけど
お店のオーナー?の無表情ぶりに、ちょっぴり引いてしまったのでした。
電話で確認した時はとっても感じ良かったけどな。

拘りカフェにたま~にありがちなんだけどね。
それで成り立っちゃうんだからすごいな。



そして科学館に戻って、いよいよプラネタリウムへ。

ぷらねた
始まる前にちょっと撮影

リクライニングの椅子がすごく座り心地が良くて、うっかりすると居眠りしちゃいそう。
50分間の投影、それはもう感動で鳥肌は立つし不覚にも泣きそうになったほど。

宇宙って凄い!深い! 
自分がこのすさまじく広い宇宙の中に存在してるってことが不思議な気分。

あまりに広く果てしなすぎてなんだか気が遠くなる。 
天文学者が夢中で探求するのがわかる気がした。

星がキレイだ~って見てるだけじゃなく、本当にいろんな事を考えさせられた時間だった。

宇宙の中では私らも宇宙人。
他の星に生命体がいても不思議じゃないな~とか
この広い広い宇宙の中の銀河系の一部の、
ほんのひとつのこの星に生まれ死んでいく意味を想ったり・・

きっと何かに思い悩んだ時にここに来たら、
その悩みがいかにちっぽけかと思い知らされてスッキリした気分で帰れる気がする 




ぷらねた
*参考画像



解説の人が上手で、声が耳触りが良かったなぁ。

これから夜の星をちょいちょい見上げてみたくなった。

楽ちんな椅子に座ってたわりに、なぜか二人とも肩がパンパン。
きっと夢中になって見てたんだね~
科学館の前でロキソニンシップを貼りあって、さぁ次の目的地へ。


本日のカフェめぐり2件目。
名古屋の繁華街の栄という町にある素敵なカフェ Roti・Cafeさん。

駅からけっこう歩いたけど、観覧車のあるSKE48の拠点のビルとか
ちょっと前にTVでやってた特設のスケートリンクとか
EXILEのジムEXPGの前を通ったり
名古屋のテレビ塔とかを見ながら観光気分で歩いて楽しかった。

ロティカフェ
小さいビルの2Fにあって、狭いけどとっても可愛いカフェでした。
自家製ジンジャエールが美味しかったなぁ。



さて、そろそろ時間切れ・・。


ホントはもっとゆっくり、娘と夕飯でも食べて帰れればいいんだけど・・
そこは主婦の辛いところ。家で口開けて待ってるのがいるからねぇ。

こっちも平日に仕事もせずに遊んでるわけですのでね。
さっさと帰りますよ、はいはい。


あっと言う間の楽しい2日間でした。       

     



     




*追記*





今年の雪はけっこうインパクトが多きかったので、書き留めておこうと思います。


この2月は雪がずいぶんと降りました。

45年ぶりの大雪だって。
そういや子供の頃、大人の長靴でもうまっちゃうくらいの、すんごい雪が降ったのを覚えてる。



雪国かよ雪
雪国かよ、って勢いです
2週にわたった雪。11日はなぜか千葉だけ雪だったし。

しかも、2度にわたる停電。

電気がどれほどありがたいか、身に染みました。
ほんと、大変だったわ。
でもね、あんまり文句も言えないね。
現場で寒い中頑張ってくれてる作業の人達を思うとね。


033.jpg028.jpg
010.jpg009.jpg
ちょこは雪玉タップリつけてはしゃいでました。
雪で喜んでるのは、子供と犬だけだね。

雪かきで身体は痛いわ、停電で寒いわ、道はグチャグチャだわ・・。
雪はもう懲り懲りです。









スポンサーサイト
空色   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック