Welcome to my blog

ちょこっと日記

ARTICLE PAGE

犬を飼う資格

9月29日

朝一でちょこを病院へ。

車窓
なんにも知らずに窓から外を眺めてるちょこ。
外見るの好きだよね。 

まだまだ調子が良くないようで
おしっこする時も踏ん張ってられないみたいで、
シートにペコンとお尻をついてしまう。

きっとまだお腹が痛いんだね・・。

でも、どんなに調子悪くても外を眺めるね。
風に吹かれて気持ちよさそうに目を閉じてるちょこをみると
ちょっと安心する。



入院って言われてたけど、ど~しても夜、ちょこをひとりきりにできない。
先生も日頃の病院嫌いなちょこを知っているから
なんとかしましょう、ということで日中は朝から夕方まで点滴、
夜は家に連れて帰るということにしてもらいました。

ただし、腕に点滴の針を刺しっぱなしのおまけ付き。

血管に刺す針なので何度も付け外しができないらしく
先っぽにあるシリコン針(柔らかい)をさしたままだから
かじっちゃうといけないので、エリザベスカラーを付けられての帰還となりました。

ポンデ
久々のポンデライオンだね 

ちょこは嫌がって、頭を私に押し付けて
ウゥ・・って小さい声で呻ってくる。
「この邪魔なの外してよ」と言ってるっぽい

こればかりは外すわけにもいかず・・水もあげられず。
本当に可愛そうな事をしてしまった 

飼い主である私の怠慢、思い違いです。
犬の事をなんにもわかってなかった。

ちょこは犬。
そんな当たり前のことすら忘れてたのかもしれない。
可愛がる事の意味を完全に間違えてた。

結果、ちょこをこんなにも苦しめてしまった。

後悔と自己嫌悪。
こんないい加減な人間に犬を飼う資格はないのかもしれない。

動物を飼うって、その子の運命は飼い主如何でどうにでも変わってしまう。
動物は飼い主に従うしか術がないから。
その子にとって良い事がなんなのか、もっとちゃんと考えなきゃいけなかった。
ただ可愛がるのとは違う。もっともっと視野を広げなきゃいけなかった。

原因はわからないとはいえ、要因を作ったのは私だ。


・・・ウダウダ言っても仕方ないのもわかってる。
患ってしまったものはどうしようもない。

とにかく今はちょこの為にできることをしなくちゃ。

ただただ、こんな私を信頼して慕ってくれるちょこの為に。




9月30日。


今日も朝一で病院 

まど
ポンデライオンはさっそく車の窓から外を見てる 

はたから見たら可笑しな光景だろうな~


今日もちょこの居ない一日か・・・。

いつものように散歩したり、追いかけっこしたり・・
当たり前だった、なにげない幸せな毎日に早く戻りたい。


夕方、台風が上陸するというので早めに迎えに行く。

今日はおやつを催促したり、食べる気が出てきた。
夜には床をクンクンしながら何か落ちてないか探しはじめたり・・
5日も何も食べてないんだもんね。お腹すいたね。
可愛そうでならないけど、もう少し我慢しとくれ 

でも元気になってきた証拠だね。良かった

明日で点滴が終わるといいな。エリザベスカラーも明日には取れるかな?








スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment