2012_09
28
(Fri)16:48

急性膵炎?

9月26日。

朝、突然ちょこが嘔吐。
朝いちだったから、いつもの空腹のサインかな、と
たかをくくっていたら、その後も止まらず。


暗っ
どんよ~り


ちょこは時々、首を上げ胸を床に伏せてしっぽをあげて
伸びとは違うおかしなポーズをする。

こんなことするの初めてだなぁ、なんだろう?

ちょうどフィラリアの薬をもらいにいかなきゃ、と思ってたとこだったので
ついでに見てもらおうとかかりつけの病院へ行き診てもらう。
さっきのポーズのことを聞いたら、お腹が痛いときにやることがあると。
でも原因がわからないので、とりあえず胃腸薬をもらって帰ってきた。


ところがその日、1時間おきくらいに嘔吐が続き
もう出すものもなくて泡をふいている。
水を飲むけど全部リバース
夜もそんなんで寝られず・・。




9月27日。


朝、病院にするも、木曜休診じゃん!!

しかも、午後からおでかけの予定もあって焦る
が、非情な私は息子にちょこを託し強行お出かけをしてしまうのでした。


ぐったり
帰って様子を見ると
ちょこは相変わらずぐったり・・目にも力がない。
なんかなんか・・やっぱりこれって絶対へん!

そういえば昨日はまだ私を追って二階まで上がってきたりしてたのに
今日は歩くこともしなくなってるし・・。


意を決し23時過ぎ、
最近、近所にできた動物救急センターへ行ってみることに

出来たばかりの病院はそれは綺麗で広い
スタッフも丁寧で感じかいい。

長嶋 百恵
これ見よがしに  さりげなく玄関と中に、有名人からの造花が 

待つこと2時間超。
診察の結果、確実ではないが70%の確立で膵炎だろうとのこと。

膵炎・・。

点滴をするので、ちょこは一晩入院することになった。

救急だけに朝までちゃんと獣医さんが就いてくれているそうだから安心だ。



と、いちおう載せておくけど
治療費48,330也。
内、夜間診療代¥10,000 って・・。夜間しかやってね~だろうが。
と、思わず突っ込みたくなりました



帰って調べてみて蒼くなった 

放っておくと死に至る重篤な病気らしい。
これで大丈夫、というわけではないという事。


・・私のせいだ。

ちょこに痛くて辛くて寂しい思いまでさせてしまった 

ごめんね、ちょこ。




9月28日。


朝7時。ちょこを迎えに行く。

看板

いつもの、私を食い尽くそうとせんばかりの歓迎の勢いはまったくみせず・・
やっぱりまだ調子よくないか。

帰りの車の中で2回ほど胃液を吐いたけど
その後は痛み止めが効いたのか、いびきをかいて寝てた 
なんだかちょっとだけホッとする 


昼ごろ、かかりつけの病院へ。

先生、救急センターに行ったのがちょっと・・なご様子 
だってあなた、電話にでなかったし折り返しもなかったじゃん!

先生は先生なりの考えがあるみたいだけど
治療方法の違いなんて私には何が正しいかなんてわかんないよ。

だだひとつ言えることは、救急センターに行ってなければ
ちょこは助からなかったかもしれないってこと。


救急センターの人もかかりつけに・・って言ってることだし
ずっとお世話になってきてるし、このセンセを頼るしかない。

ま、医者もいろいろあるんでしょ。

私がしっかりしなきゃ 


そんなこんなで、すっかり泡食った日々でした。
てか、これからが治療の日々・・。
ちょこには可哀そうだけど頑張ってもらわなきゃ


ちょこもだんだん高齢の域になってきた。
これからはこんなドキドキハラハラな出来事が目白押しになるのかも。

私は耐えられるんだろうか・・。



とりあえず、ちょこは午後からずっと寝てる。
あれからちょっと水を飲んじゃったけど吐いてない。
落ち着いてくれるといいけど。



早く良くなれ~ちょこ 











追記。


ちょこがそんなときに、私が出かけてたのは
三代目Jソウルブラザーズのライブin横浜アリーナ。

まあ良かったんだけど、そんなこんなで胃が痛くて
なんだか楽しめませんでした。

でも今市くん、岩田くん、可愛かったなぁ。


やめようかとも思ったけど、ちょこは絶対タイジョブって思いたかった。
そうじゃないと困るし。(言い訳にしかならんな・・

とりあえず大丈夫で良かった 



だけど・・元気のないちょこを見るのはキツイです。
辛くて胃が潰れそうです。

ちょこはもっと辛いんだから・・。

頑張らなきゃね。
スポンサーサイト
«  HOME  »
  美術館

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック