2012_03
18
(Sun)23:43

ロマンスカーの旅。

久しぶりの箱根。
いつもはで出掛けるけど
たまには、の~んびりと電車の旅もいいかなと、
一度乗ってみたかった 小田急ロマンスカー で行ってきました 

ロマンスカー


行きはかろうじてで、車窓から富士山が見えたのに
着いてみたらまったくそのお姿を見ることはなく・・・

約1時間半、快適なロマンスカーは、という間に箱根湯本に到着。


観光地ナイズされた箱根湯本駅商店街を歩くこと数分、
調べておいた 湯葉丼・直吉 さんで昼食です。

看板外観
                              お店の前には足湯があります。
裏かわ
なぜかワンコの置物が・・。                  店の裏には川が流れてます。

湯葉丼湯葉刺し      
         湯葉丼                          一番搾り湯葉刺し

熱々の湯葉丼は、超ふわっふわで美味しかった    
人気店だから混んでたけど、待った甲斐がありました。


それから、登山バスに乗って
誰よりもパワフルそうなメンバーなのに、まだ欲しいかと突っ込まれそう…
と思いつつも、さらなるパワーを頂きに 
パワースポット 箱根神社 へ向かいました 
箱根神社箱根神社2 
箱根神社3ご神木

箱根神社は「心身の回復」「活性化」を促してくれる最高の”癒し”のパワースポットだそうで
大杉に囲まれた参道は「風のエネルギー」に満ちた場所となっているそうです。

龍九頭龍神社
龍神水。すべての不浄を浄化してくれるんだって。     九頭龍神社・新宮。

芦ノ湖湖畔にある九頭龍神社が本社で、
ここの九頭龍神社は新宮(本社から勧請したもの)だそうです。
ここのパワーも凄いらしい。

パワースポット
昭和天皇皇后両陛下行幸啓記念碑。
この周辺が箱根神社内で一番のエネルギーを発してる場所なんだって。


湖
“平和の鳥居”というそうです。
パワー全開
パワー浴びすぎてキラッキラの3人。

ここでどれほどパワーをもらったかは定かではありませんが
こうやってみんなで来れて、ワイワイ楽しく出来ることが
一番の癒しのパワーになることは間違いないです 




ビクトリー号
遊覧船“ビクトリー号”で桃源台まで。

船内帆
船内。            

遊覧船。いつも眺めてるだけだったけど、はじめて乗れて感動 

遊覧船

まだ5時前でしたが、もう売店も閉まっていたし
他に見るところもないのでホテルに向かいました。

今夜の宿は、桃源台の船乗り場からすぐのところにある 箱根レイクホテル 

ホテル
芝生が緑だったら素敵だっただろうな。

国民宿舎というわりには、なかなか過ごしやすいホテルでした。


夕飯
夕飯もまぁまぁ。

その後、みんなで酒盛り&バカ話をして盛り上がり・・

夕飯や入浴時間が早かったせいか、いつもより少し早く就寝 








2日目、残念な雨 


RO-PUWEI
せっかくのロープウェイもこれじゃーねぇ 

大涌谷まで行き、暴風雨にさらされ・・
結局、黒たまごを食べただけで降りてきました。


ケーブルカーシート
ケーブルカーで強羅まで。              
紫陽花見物が有名だっつーことで、車内の椅子はあじさい柄です 

登山鉄道
次は登山鉄道で宮ノ下へ。

宮ノ下駅セピア通り
冨士屋ホテルをはじめ、ノスタルジックな街並み散策がうりのようです。


 
渡辺ベーカリー
有名なパン屋さん。渡辺ベーカリー。
シチューパンを食べたかったけど、混んでて無理でした 


写真館
有名な写真屋さん。

レノンtyappurinn.jpg
冨士屋ホテルに宿泊した、チャップリンやジョン・レノンの写真が展示してあります。



昼食はお蕎麦がいいね、と言うことで、“名物”の文字に期待を込めて、箱根そばのお店へ。
ぼろ鎧
ちょっと入るのを躊躇してしまう入口ではありましたが  中にはなぜか鎧が。
そば蕎麦
お蕎麦はまあまあかな。蕎麦屋の人の良さそうなおじさんがノスタルジックないい味だしてました 

せっかく寄った宮ノ下。
雨じゃなかったら、もっとゆっくり見れて楽しかったのかもなぁ。

宮ノ下を後に、登山バスで箱根湯本へ戻り、
あまりに時間が余ってしまったんで
小田原に移動し、旅行先でカラオケに行くという荒技を。 

            


車内2車内
帰りのロマンスカーの写真撮り忘れちゃったので、車内だけ。


楽しかったロマンスカーの旅、終わっちゃいました。

箱根フリーパスを駆使して巡って便利で良かった


お天気が良くて冨士山見れたら最高だったんだけどね。

またみんなでワイワイ行きたいな。
























スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック