2017_06
15
(Thu)22:03

さくらんぼ

毎年6月のお楽しみ、サクランボ狩り 

朝に少し雨が残る空模様だったけど、出発する頃にはいい天気に 
なんだかんだ毎年、なんとか天気には恵まれてるかな。

今年は息子も姪も行けないので、妹と娘とちょこの3人+
川崎に寄り娘を乗せて、向かうは勝沼。いつものカーサ・ダ・ノーマへ。

ハラモ
 庭に咲き乱れるカモミールとちょこが可愛い 
 看板犬のロンちゃんも元気で、今回ちょこと仲良くご挨拶。


今回でもう4年連続。そろそろ違う場所にしようかとも思いつつ、
でもやっぱりこの雰囲気は捨てがたい。
さくらんぼ狩り=カーサ・ダ・ノーマに定着してる。
ここのワインがとっても美味しいから毎年買って帰るのも楽しみ。

まったりランチした後は、韮崎に向けて出発 


さくらんぼ

毎年お世話になってる近藤農園さんでさくらんぼ狩り。
ここはホントに環境が良くて大好きな所。
団体客も取らないから、いつも貸切り状態で気楽だし
奥さんの気さくな人柄が素敵で、もうここ意外は考えられない。

たっぷり一年分のさくらんぼ、堪能したー。

ちょこは相変わらず、ひたすら草をはんでおりました 


次に向かったのは、昇仙峡にある「影絵の森美術館」。
ハイジの村の薔薇も気になるけど、もう2回行ったしな-。
山道は苦手だけど、一度行ってみたかった。


富士
途中で富士山が顔を出してくれた。
雲の上からひょっこり顔を覗かせた富士山。
それはもう雄大で。あ~幸せ見れて良かった~。



昇仙峡

あと30分で閉店のギリギリの時間に到着 
観光地は仕舞うのが早いからね~、間に合って良かった。
そのおかげで、またもや貸切り状態でのんびりと見て回れたし。
ワンコも抱っこでOKなのがありがたい 

藤城清治先生の影絵、誰しもが一度は見たことがあるはず。
とっても幻想的で素敵で見ていると吸い込まれてしまいそう。
中に入ったとたん鳥肌が立つくらい感動。
とりわけ、妹が気に入ってすごく喜んでくれたんで良かった~。

建物こそ年季が入ってしまってるけど、ここは期待以上の素晴らしさだった。
(館内は撮影禁止なので、画像はナシ)

美術館の脇から橋を渡って少し行くと、仙娥滝につづく遊歩道があるので
せっかくなので散策してきた。
階段を降りて行くと、ゴーゴーと飛沫を上げる雄大な滝が。
滝好きとしてはたまらん~
綺麗な川沿いの遊歩道は先にもずっと続いていて、まだまだ見所が満載の様子。

20年くらい前に社員旅行でここに来てロープウェイで上がった記憶があるけど
こっちの川沿いには来たことなかった。
昇仙峡ってこんな素敵なとこだったんだなぁ。

ロープウェイで上がったら、今日は富士山がもっとよく見えただろうなー。
時間がないのが残念。

次回はここでゆっくり散策に決まりだな。


今年も楽しい山梨旅でした。




続きを読む »

スポンサーサイト
2017_06
05
(Mon)21:32

尾瀬

夏が来~れば思い出す~遙かな~

尾瀬に行って来ました。


今回で6回目の利用となる、おなじみクラツーの日帰りバス旅行。
自分で車で行く方が気ままでいいんだけど
帰りの山歩きの後の運転を考えると、ちょっとね。
それに、朝早く出るには、やっぱり重圧がかからないとムリ 
ってんで、早朝7時尾瀬に向け出発~

約4時間ほどで鳩待峠手前のバス乗り場に到着。
シャトルバスに乗り換え、山道を走ること25分で鳩待峠に。

もう6月、しかも巷じゃ30度近くあるって言うのに、尾瀬にはまだ残雪が。
雪解けのぐっちゃぐっちゃの下り坂を慎重に下りて行きます。
尾瀬はよく転ぶとか落ちて怪我人が出たとか聞くけど、なんとなく納得。

尾瀬

東電のマークの付いた木道は、かなりの高さがあったり
雪や木で片側しか通れなかったり。
一方通行だから、人の歩くペースを崩さないようにとか、
常に気を遣いながらのハイキング。
立ち止まって写真を撮るのも許されない感じでちょっと大変だった。

尾瀬2

果てしなく続く木道を歩くこと1時間。
山の鼻ビジターセンターに到着。

6月の第一日曜日。
水芭蕉の時季だし混むのは覚悟のうえだったけど
やっぱり凄い人。

ここでお昼にしようと思ったら、人がいっぱいで座る所がない。
とりあえずトイレに行ったら、すんごい行列 
トイレは100円のチップを払います。
HPで調べた時は、後払いのほうがいいと書いてあったけどみんな先に入れてた。(どーでもいいが)

オバチャンパワーでなんとか席を確保して、
クラツーが用意してくれた、まだほんのり温かい舞茸弁当をいただく。
あまりの寒さに、温かいお茶が欲しかったけど、
自動販売機は無いわ、売店には缶コーヒーしか置いてないわで
仕方なく、持って行ったお水で流し込む。

この時、外気温8℃寒いわけだよ。

しかも雨まで降ってきやがった。
かと思うとカーッと晴れたり
山の天気、恐るべし。

水芭蕉

かじかむ手をこすりながら研究見本園をぐるっと回る。
ここが一番、水芭蕉が綺麗に咲いていた。


尾瀬3
尾瀬らしい木道が配された湿地帯が一面に広がる素敵な場所。
ここは人が比較的少なくて歩くにも良かった。


水芭蕉2
もう1週間くらいしたら、もっと咲いてて綺麗だったのかな。


oze.jpg

その先に歩いて行ったけど、果てしなく先のほうまで木道が続き
景色もあまり代わり映えがしなかったから引き返すことにした。
牛首分岐のほうまで行けば、綺麗なところがあるらしいから行きたかったけど、
集合時間に間に合うように時間を逆算して行動しないといけない。
遅れたら大顰蹙ものだ。それがツアーの辛いとこ

それより、ずっと歩き続けて疲れちゃって、なんだかもう帰りたくなっちゃったってのが本音。

行きは下りでよかったけど、帰りはずっと登りが続くから結構堪える
疲れるからマイペースで歩きたいのに、後ろが詰まったりすると悪いから
必至で歩いてたら足が痛くなってきた。
抜いてくれればいいけど、たまに隣の反対車線の木道に
同じ速さで並走して歩いてなかなかどかない「私は山に慣れてるのよ感」を醸し出してくるオバサン
結果後ろが詰まってくるのに気づかないでこっちを励ましてくるのには辟易したけど
私らよりずっと年配の人が多くて、しかもみんな元気でびっくり。
完全に負けてるわ。


Lxwe_m0_yFBCY2h1496903356_1496903380.png

結局、鳩待峠に集合時間の1時間前に到着しちゃった
記念に写真を撮ったり、売店でたい焼き食べたりしてノンビリ過ごし、
尾瀬を後にしました。


帰りのシャトルバスのチケット売り場は長蛇の列だったし
バス待ちの列もけっこうあったけど、
バスツアーは不便もあるけど、こういう時はみんな添乗員さんがやってくれるし
ちゃっちゃと乗せてもらえるから、やっぱ楽だね。


疲れたけど楽しかったハイキングでした。

でも山は当分、てかもういいかな。



PS
ちなみに今回のバスツアーの料金は¥13,990
(シャトルバス代とお弁当含む)
個人で車で行った場合を考えると、高速代往復で約¥12,000。
それにガソリン代とシャトルバス代とお昼を入れたら
トントンというところか。もっとも乗る人数が多ければ車のほうが安いけど。
(運転手の労働力と車の消耗は別として

以前はバスのほうがお得な感じだったけど、
高速バスの事故があってからかなり値上がりしたからね。
「自由」を取るか「楽」を取るかの選択かな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。