2017_01
19
(Thu)23:54

築地


年明けのお出かけ第一弾、娘を誘って築地に行ってきました。




築地
築地の交差点で、山本寛斎と遭遇。
超派手派手な洋服・・普段からスタイリッシュなんだねェ。
凄いカラフル。志茂田景樹もビックリだな。


築地は水曜日は休みの店が多くて、目的だった店はことごとく撃沈
でも、ランチ候補のひとつ、海鮮丼のお店は営業してた。良かった 
海鮮

「宝石箱や~」で有名になった海鮮ひつまぶしのお店、築地虎杖・魚河岸千両さん。
海老アレルギーになる前に食べたかった 
ダメ元で、甘エビだけ抜いてもらえるか聞いたけ無理だと
きっと最初から混ぜて作り置きしてあるんだろうね。

仕方ない、悔し紛れに大間のマグロとウニの乗った贅沢な丼を注文。
が、小心者なので5千円からする大トロはさすがに頼めず
下から数えたほうが早い3千円台のやつにしました

大間のマグロ、と聞いて食べたから美味しいのか、本当に美味しいのか
さだかではないけど、確かに美味しいマグロでした。
ウニも臭みもなく、とろける美味しさ。
もうちょっと派手さが欲しい丼だったけど、まぁいっか。
大変美味しく頂きました。

あこがれの海鮮ひつまぶしも美味しかった模様。
まずウニを端によけて普通に食べた次は、
ウニと残ったご飯をお店の人が執拗にコネコネまぜてくれます。
少し残したご飯に最後は出汁を入れてお茶漬けにしていただく流れを、
ずっとお店の方に仕切られた形でことが進んで行くという 
ま、美味しかったなら良かったよ。ウニ、特盛りだしね。

お腹もいっぱいだけど、せっかく築地に来たからには食べ歩きをと
とうもろこし揚げ(かまぼこにコーンをまぶして揚げたみたいなやつ)、
牡蠣好きの娘は牡蠣フライに生ガキを。
これで食べ歩き満喫した気になった 


開いてるお店をめぐり、スパイスを買ったりしながら
その先に神社があったので初詣してきた。

初詣

波除神社という神社で
その名の通り、昔ここを埋め立てする際に波を除ける祈願の為に建てられたらしい。
なので厄除けの御利益があるという事らしく、小さい神社だけど提灯には有名な大企業の名前も連なってた。

珍しくおみくじを引いたら、なんと大吉
やったぁ。良い年になるといいなぁ。

外国人の3姉妹が並んでお参りしてたのがとっても可愛かったので
ついついパチリ  意味わかってんのかな。


なんの知識もなく行ってしまったけど、HP見てみたら色々と興味深いところ。
今度またゆっくり見させていただこう。


そして築地を後に、いつも混んでて行けなかったキルフェボンさんへ。
キルフェボン
15分待ちだったので寄ってみた。

整理券をもらって、先にお土産のタルトを買ってから並んで、実際は30分近く待ったかな。
メルヘンチックな店内もステキだったし、接客も丁寧。
この時期限定のあまおうのタルト¥1,337也。
ケーキに1,300円って・・・と思ったけど、かなり大きなタルトで
大きな苺もたっぷり乗って、これなら納得かな。

その大きなタルト、甘過ぎずホント美味しくてペロリと完食。
あーやばいやばい。明日からまたダイエットだ。

最後にロブションでパンを買って、早めの帰宅。
あっという間だったけど充実の一日でした。


月一のちょこのシャンプー日には、こうして短い時間だけど
ちょことは行けない場所へ遊びに行くのも楽しみのひとつ。
ごめんよ、ちょこ。次は一緒に出かけようね。







スポンサーサイト
2017_01
15
(Sun)21:33

経鼻内視鏡検査

誰が言ったの。鼻から入れる胃カメラが楽だって。

ご冗談でしょ。あたしは二度と御免だわ。


半年以上前から、とにかく異様な回数のゲップに見舞われて
さすがに気になって病院に行ってきた。
薬を飲んでも良くならないので、とうとう胃カメラ検査をすることになった。

IMG_2665.jpg


19くらいの時、一度胃カメラを飲んだことがあったと思う。
おぼろげだけど、オェオェして気持ち悪かった。
それが無いと言うし、技術も進歩して管もかなり細くなってるらしいから
するすると行くと思って、すっかり油断してたぜぃ。


IMG_2667.jpg





診察室に入って、まずは胃の中を見やすくするという液体を飲まされる。
ちょっと塩気のあるクソまずい透明な液体。
(消泡液という、その名の通り胃の中の泡を消す液)
前日の夜8時以降から絶食の胃に、ジワジワ浸透してくのがわかる。

しばらくほったらかされた後、今度は噴霧器のような機械で
両方の鼻に噴霧される。
(局所血管収縮剤。鼻腔内の出血をおさえ通りを良くする薬)

また暫くほったらかされ、今度はまた鼻に麻酔だと思われる
とろとろの透明の液体を注射器でドボドボ入れられ、飲み込まされる。

鼻はなんともないが、喉が麻痺しているのかゴクリが出来なくて苦しい。
まぁ、鼻だけで呼吸すりゃ問題ないんだけど

麻酔が効いた頃、やっと技師の先生登場。
看護婦さんがティッシュを抱かせるように持たせ、受け皿を当てがわられ、
ヨダレが出るから飲み込まずに出せだの、いろいろ説明してくれたけど
な、なにが起こるの?と、安易に考えていたもんで急に不安になる

モニターに私の顔のアップが出たと思った瞬間、カメラが鼻の中に。
その後は・・・

いぃぃぃぃぃい、ぁぁぁぁぁぁああああああああぃぃいいいいい 

鼻の骨の中を貫通させてんのかっ!って思うほどの痛みが襲ってきた。
そこから食道、胃へとカメラが通るたびに、あるはずないと信じてたオェオェ攻撃が。
涙とヨダレでもう大変。
実際はヨダレを出した方が楽らしく、看護婦さんが出せ出せ言うけど、
そんな無理くり出せるもんじゃねーだろーよ、っつーの。

カメラが胃の中に入ってしまえば自分の胃の中をマジマジと見る余裕も出てきた。
胃も十二指腸も、なんとも綺麗なもんで。
食道のほうにちょっと胃酸で荒れてる風なとこがあったようだけど
薬を飲むほどではないらしい。良かった。

心配してたピロリ菌も見当たらず、ポリープらしきものも無く。
親父が胃癌で亡くなってるから、超心配してたんだけど
どうやら全くの取り越し苦労だったようだ。

いやー、しかし。なんともなかったから良かったけど
貴重な体験だったなぁ、なんていう生やさしいもんじゃなかった
お産の次にランクインする辛さだな、こりゃ。

で、肝心なゲップ問題は・・・。
なんか難しい病名?みたいな名前があったけど忘れた。
平たく言うと、ストレスから来てるんだろうという結論に至る。

「あ、それなら思い当たります」と先生に言いました

○○、(←私のストレスの原因)恐るべし


なにはともあれ、健康第一 












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。