Welcome to my blog

ちょこっと日記

愛犬ちょことおかんの日記。                  

清里テラス

夏の終わりの日帰り山梨旅。

暑いこの季節はちょこをどこにも連れていってあげられないから
夏も終わりの山梨の高原ならきっと涼しいだろうと
夏場のちょこの運動不足解消を兼ねて、八ヶ岳・清里方面へ出かけてきました。




まずはランチに、ワンコ店内OKのengawa cafeさんへ。
八ヶ岳にはテラスはOKなお店はたくさんあるものの、
もし暑かったり雨が降ったりした場合も考えると、やっぱり店内OKのお店は要チェック 

ただし「大人しいワンコに限る」という微妙な条件付き
ちょこも年齢的にもすっかり大人しくなってるし、出かけるとほどんど吠えることもないから
たぶん大人しいワンコの括りに入ると思うので、
予約の際に「大丈夫ですっ」と自信満々に答えてしまったのでした
頼むよ、ちょこ 

エンガワカフェ
珍しい二階建ての古民家を素敵にリノベーションしたカフェ。
人気みたいで他県Noの車も結構停まってました。

入るとすぐに2匹のヤギが迎えてくれます。
外にあるテーブルもハンモックも素敵 

靴を履いたまま、縁側の席に案内されました。
うっすら暗い店内は開け放たれた窓から心地良い風が通り抜けてとても和みます

場所柄だからありがちなんだろうけど、スズメバチが入って来た時はちょっとビビった

エンガワ②

ランチもお洒落で美味しかったけど、キッシュはちょっと量が物足りなかったな。
デザートはなかなか美味しかった。




ちょこ

ワンコは膝や椅子に乗せるのもNGなので
甘えん坊のちょこは大丈夫かなぁと思ってたら、
椅子の下にちょこんと大人しく鎮座していてくれました。
ありがと、ちょこ 


ちょこは走ってきた子供にビックリして2度ほど吠えちゃったんで
会計の時にお店の人に「すみませんでした」と一応声をかけたけど反応無し 

女の人の淡々とした接客は、丁寧なんだけどなんか人を寄せ付けない感があったもんなぁ。

でもワンコを中に上げて頂いただけでありがたいことです。



それから目的地のサンメドウズスキー場の清里テラスへGO~ 



HPより


HPより②
この日はちょっと薄曇りだったので、こちらHPより画像を拝借 2枚。
こんな雲海、見たかったなぁ。


清里テラス

スキー場にはワンコ連れが結構来てました。

調べではリフトにはワンコは抱っこで大丈夫との事だったけど
今はゲージに入れないとダメになったようです。

ちょっとおデブのちょこは借りた小さめのバックの中でキュウキュウだったけど
なんとか我慢してもらい山の頂上まで。

涼しくて気持ちいいのか、ちょこさん弾むように歩く歩く
いつも一日中寝てばかりなのにね、なんだか嬉しいね 

テラス



座り心地のいいソファーにゆったりと座り、眼下に広がる雄大な景色を眺めながらノ~ンビリ。
これはホントに癒やされるわ~ 

こんな素敵な場所、なんで今まで知らなかったんだろう。

夏場のスキー場は初めて来たけど、こういう使い方をすればお客さん呼べるよね。
滋賀県にも琵琶湖テラスが出来たみたいだし、今度行ってみたいな。


清里



帰りにちょっと寄り道をして、白州の道の駅まで。
この道の駅で天然氷のかき氷が食べられるというので行ってみた。

はくしゅう

白州と言えば、水の美味しい土地。南アルプスの天然氷の蔵元と聞けば
そりゃもう美味しいに違いない!

店舗を構えているわけではなく、スーパーのような店の片隅あるプレハブで販売。
外のテーブルで食べられるのでワンコ連れには嬉しい限り。

山梨に来たからにはと、信玄氷を。娘はマスカルポーネを。
なんて美味しい氷なんでしょ。あー幸せ~
ふんわりと優しい口溶けの氷は溶けるのも早い。

今までで食べたかき氷の中で一番美味しかったかも。
しかも値段が安い。
ちょっと小ぶりではあるけど、こんなに美味しい天然氷が600円~で食べられるのはお得。
これはまた来なくっちゃね。
八ヶ岳アウトレットにも出店してるみたいだから
今度はそっちに行ってみようかな。

道の駅はくしゅうでは、アルプスの天然水のわき水を無料で持ち帰りが出来るので
ペットボトルを持参して数本入れて来た。

大きな水入れ4、50本に無心で水を汲んでた人も居てちょっとビックリ。
地元の人は美味しい水をこうしてタダで飲めてうらやましいなぁ。



はがき
清里テラスに設置してあるポストから、頂いた絵はがきを出せるサービスがあったので
自分に送ってみたら、次回その届いたハガキを持って行くとリフト代を300円割引してくれるそう。

それじゃまた来年行かなくちゃね


とっても癒やされたいい一日でした。

みなとみらい

7月17日、三連休の最終日。

清木場俊介 KIYOKIBA SHUNSUKE ROCK&SOUL "REBORN"
in パシフィコ横浜 に行って来た~

パシフィコ横浜に車停めようと思って11時前に到着したのにもかかわらず
駐車場はすでに満車
みなとみらいは人で溢れかえってました。
まさか俊のライブがあってこんなに人が居る・・わけじゃないよねぇ。
後で聞いたら、この日は天皇皇后両陛下が船でみなとみらいに来るという日だったそう。
たから警察がたくさん居たわけだ。
そうでなくても休日の横浜界隈は賑わってるみたい。


仕方なく、万国橋近くの駐車場に停めて、歩いてパシフィコ周辺まで。

みなとみらい
みなとみらい、ほんと久しぶりだなぁ。 とっても洗練された町。

神奈川方面に来る時は、鎌倉とか箱根とか行っちゃうから
横浜ってほとんど通り過ぎるだけだもんなぁ。
ちょこが来てから横浜には一度も来てなかった。
犬連れで来るにはちょっと楽しめないかな、と敬遠してたからなー。


アウディ
まずはランチに、Audi Delight Cafeさんへ。

Audi のディーラーの中にあるCAFEで、ちょっとわかりづらいのか
入りづらいのか、休日でもわりと空いているというので行ってみた。

さすがAudi 、カフェの奥のガラスを隔てたショールームは広々として素敵だった。
カフェはそんなに広くはないけど、清潔感あってお洒落。

商談中のお客さんがカフェに数人居たから、
もともとはAudiのお客様の為のカフェを
一般に開放しているのかもね。

パスタもなかなか美味しかったし、なによりこんな混んだ日に
ゆっくりリッチな気分でランチ出来て良かった。

余談になるけど、入り口の所に白いテーブルと椅子が2.3脚。
ここがワンコOKらしいけど大通りに面してるし、なんだかね。
犬連れで来るにはちょっと・・かな。
せっかく裏手が海なんだから海側にテラス作れば良かったのにね。



カップヌードル
夕方のライブまで時間がたっぷりあるし、
事前にローソンで予約しといたカップヌードルミュージアムに行ってみた。

お客は中国人がすごく多くてびっくり。
スタッフも中国人が多くて、決まった台詞をずっと機械みたいに
繰り返し説明してた。疲れるだろうな~。

ワッサワッサした中で並んで、カップに絵を描いて。
なーんにも考えてなかったから超適当 
この歳になってお絵かきって、ホントもう無理。

後はラーメンの歴史的な物を見学。なかなか楽しいミュージアムでした。


ワールドポーターズで買い物して時間をつぶし、いよいよライブの時間です。

ぱしふぃこ

凄い良かった最高のライブだったなぁ 
俊ちゃんの生歌はホントに素晴らしい。癒される、泣かされる。
今回の俊ちゃんはノリノリでMCもキレッキレでとっても楽しかった。
いつもよりちょっと前の席だったし、ホントにほんとに幸せなひと時でした 


そうそう、どうでもいいけど
パシフィコってトイレが1階の1か所だけしかないのね。ちょっとびっくり。

みなとみらいはショッピング&スポットがたくさんあって遊びきれないね。
赤レンガにも久しぶりに行ってみたいし、今度はちょこも連れて遊びに来ようっと。








その2日前の15日には、さいたまスーパーアリーナにE‐girlsのライブ参戦に。

EG

E‐girlsの現行の体制最後のライブ。
なんだかセットもちゃっちくて、なんだか急に決まってヤッツケで作った感じに見えた。
で、今までのE‐girlsの曲が聞けるのかと思ってたら、ほとんどがメドレーになってた。
個々のユニットやAmiちゃんのソロとかそんなに要らないのに。
今回はE‐girlsのライブに来たんだから、E‐girlsのパフォーマンスが見たかったのに。

最後は、残る子たちのほうが涙涙で、なんだか何かあった感が見えて悲しかった。
Ayaちゃんか気丈に笑ってたけど、一番辛いのはAyaねーさんだよな。
苦労してここまで来て、これで最後なんだもんね。

お疲れ様、Ayaちゃん。

石井杏奈ちゃん応援してるし、E‐girlsこれからも応援してくよ。


ライブづくしの充実の連休でした。





Solari

久しぶりにちょこの歯石取りに行って来た。

千葉の美浜区にある、無麻酔で歯石取りをしてくれるSolariさん。
ちょこみたいに麻酔がダメな仔や高齢のワンコには本当にありがたい。
すごい技術だと思う。

前は横浜の屏風浦まで行ってたけど、ちょっと遠いし億劫にしちゃってたら
千葉にも無麻酔で歯石を取ってくれる所があるって知って。
美浜区なら近いし、しかもカフェが併設してるから中でゆっくり待てるし。
でも新しい所に行くのはなかなか勇気がいって、ちょっと間が空いちゃった。

そらり

シュッとしたイケメンで、優しそうでとても感じがいい先生。
説明も丁寧だし安心してお任せできるわ
なんだ、悩んで損した。早く連れてくるんだったな~。


待つこと約1時間。ちょこは大人しくしてくれてた様子。
歯もすっかり綺麗にピカピカになりました。

でも状態はあまり芳しくないみたいだけど、もう歳だし仕方ないかな。
これ以上悪くならないようにしないと。
私の管理が悪かったからかなぁ
先生は「個体差があるから仕方ない、飼い主さんのせいではないですよ」と言ってくれたけど
結局のところ、歯磨きをサボりがちにしたのは私だもんなー、反省

近くにいい所があってよかった。
これからはちょいちょい行ってオーラルケアしてもらおう。

ちょこ、頑張ろうね 



お昼寝
おつかれさま、ちょこ。







さくらんぼ

毎年6月のお楽しみ、サクランボ狩り 

朝に少し雨が残る空模様だったけど、出発する頃にはいい天気に 
なんだかんだ毎年、なんとか天気には恵まれてるかな。

今年は息子も姪も行けないので、妹と娘とちょこの3人+
川崎に寄り娘を乗せて、向かうは勝沼。いつものカーサ・ダ・ノーマへ。

ハラモ
 庭に咲き乱れるカモミールとちょこが可愛い 
 看板犬のロンちゃんも元気で、今回ちょこと仲良くご挨拶。


今回でもう4年連続。そろそろ違う場所にしようかとも思いつつ、
でもやっぱりこの雰囲気は捨てがたい。
さくらんぼ狩り=カーサ・ダ・ノーマに定着してる。
ここのワインがとっても美味しいから毎年買って帰るのも楽しみ。

まったりランチした後は、韮崎に向けて出発 


さくらんぼ

毎年お世話になってる近藤農園さんでさくらんぼ狩り。
ここはホントに環境が良くて大好きな所。
団体客も取らないから、いつも貸切り状態で気楽だし
奥さんの気さくな人柄が素敵で、もうここ意外は考えられない。

たっぷり一年分のさくらんぼ、堪能したー。

ちょこは相変わらず、ひたすら草をはんでおりました 


次に向かったのは、昇仙峡にある「影絵の森美術館」。
ハイジの村の薔薇も気になるけど、もう2回行ったしな-。
山道は苦手だけど、一度行ってみたかった。


富士
途中で富士山が顔を出してくれた。
雲の上からひょっこり顔を覗かせた富士山。
それはもう雄大で。あ~幸せ見れて良かった~。



昇仙峡

あと30分で閉店のギリギリの時間に到着 
観光地は仕舞うのが早いからね~、間に合って良かった。
そのおかげで、またもや貸切り状態でのんびりと見て回れたし。
ワンコも抱っこでOKなのがありがたい 

藤城清治先生の影絵、誰しもが一度は見たことがあるはず。
とっても幻想的で素敵で見ていると吸い込まれてしまいそう。
中に入ったとたん鳥肌が立つくらい感動。
とりわけ、妹が気に入ってすごく喜んでくれたんで良かった~。

建物こそ年季が入ってしまってるけど、ここは期待以上の素晴らしさだった。
(館内は撮影禁止なので、画像はナシ)

美術館の脇から橋を渡って少し行くと、仙娥滝につづく遊歩道があるので
せっかくなので散策してきた。
階段を降りて行くと、ゴーゴーと飛沫を上げる雄大な滝が。
滝好きとしてはたまらん~
綺麗な川沿いの遊歩道は先にもずっと続いていて、まだまだ見所が満載の様子。

20年くらい前に社員旅行でここに来てロープウェイで上がった記憶があるけど
こっちの川沿いには来たことなかった。
昇仙峡ってこんな素敵なとこだったんだなぁ。

ロープウェイで上がったら、今日は富士山がもっとよく見えただろうなー。
時間がないのが残念。

次回はここでゆっくり散策に決まりだな。


今年も楽しい山梨旅でした。




尾瀬

夏が来~れば思い出す~遙かな~

尾瀬に行って来ました。


今回で6回目の利用となる、おなじみクラツーの日帰りバス旅行。
自分で車で行く方が気ままでいいんだけど
帰りの山歩きの後の運転を考えると、ちょっとね。
それに、朝早く出るには、やっぱり重圧がかからないとムリ 
ってんで、早朝7時尾瀬に向け出発~

約4時間ほどで鳩待峠手前のバス乗り場に到着。
シャトルバスに乗り換え、山道を走ること25分で鳩待峠に。

もう6月、しかも巷じゃ30度近くあるって言うのに、尾瀬にはまだ残雪が。
雪解けのぐっちゃぐっちゃの下り坂を慎重に下りて行きます。
尾瀬はよく転ぶとか落ちて怪我人が出たとか聞くけど、なんとなく納得。

尾瀬

東電のマークの付いた木道は、かなりの高さがあったり
雪や木で片側しか通れなかったり。
一方通行だから、人の歩くペースを崩さないようにとか、
常に気を遣いながらのハイキング。
立ち止まって写真を撮るのも許されない感じでちょっと大変だった。

尾瀬2

果てしなく続く木道を歩くこと1時間。
山の鼻ビジターセンターに到着。

6月の第一日曜日。
水芭蕉の時季だし混むのは覚悟のうえだったけど
やっぱり凄い人。

ここでお昼にしようと思ったら、人がいっぱいで座る所がない。
とりあえずトイレに行ったら、すんごい行列 
トイレは100円のチップを払います。
HPで調べた時は、後払いのほうがいいと書いてあったけどみんな先に入れてた。(どーでもいいが)

オバチャンパワーでなんとか席を確保して、
クラツーが用意してくれた、まだほんのり温かい舞茸弁当をいただく。
あまりの寒さに、温かいお茶が欲しかったけど、
自動販売機は無いわ、売店には缶コーヒーしか置いてないわで
仕方なく、持って行ったお水で流し込む。

この時、外気温8℃寒いわけだよ。

しかも雨まで降ってきやがった。
かと思うとカーッと晴れたり
山の天気、恐るべし。

水芭蕉

かじかむ手をこすりながら研究見本園をぐるっと回る。
ここが一番、水芭蕉が綺麗に咲いていた。


尾瀬3
尾瀬らしい木道が配された湿地帯が一面に広がる素敵な場所。
ここは人が比較的少なくて歩くにも良かった。


水芭蕉2
もう1週間くらいしたら、もっと咲いてて綺麗だったのかな。


oze.jpg

その先に歩いて行ったけど、果てしなく先のほうまで木道が続き
景色もあまり代わり映えがしなかったから引き返すことにした。
牛首分岐のほうまで行けば、綺麗なところがあるらしいから行きたかったけど、
集合時間に間に合うように時間を逆算して行動しないといけない。
遅れたら大顰蹙ものだ。それがツアーの辛いとこ

それより、ずっと歩き続けて疲れちゃって、なんだかもう帰りたくなっちゃったってのが本音。

行きは下りでよかったけど、帰りはずっと登りが続くから結構堪える
疲れるからマイペースで歩きたいのに、後ろが詰まったりすると悪いから
必至で歩いてたら足が痛くなってきた。
抜いてくれればいいけど、たまに隣の反対車線の木道に
同じ速さで並走して歩いてなかなかどかない「私は山に慣れてるのよ感」を醸し出してくるオバサン
結果後ろが詰まってくるのに気づかないでこっちを励ましてくるのには辟易したけど
私らよりずっと年配の人が多くて、しかもみんな元気でびっくり。
完全に負けてるわ。


Lxwe_m0_yFBCY2h1496903356_1496903380.png

結局、鳩待峠に集合時間の1時間前に到着しちゃった
記念に写真を撮ったり、売店でたい焼き食べたりしてノンビリ過ごし、
尾瀬を後にしました。


帰りのシャトルバスのチケット売り場は長蛇の列だったし
バス待ちの列もけっこうあったけど、
バスツアーは不便もあるけど、こういう時はみんな添乗員さんがやってくれるし
ちゃっちゃと乗せてもらえるから、やっぱ楽だね。


疲れたけど楽しかったハイキングでした。

でも山は当分、てかもういいかな。



PS
ちなみに今回のバスツアーの料金は¥13,990
(シャトルバス代とお弁当含む)
個人で車で行った場合を考えると、高速代往復で約¥12,000。
それにガソリン代とシャトルバス代とお昼を入れたら
トントンというところか。もっとも乗る人数が多ければ車のほうが安いけど。
(運転手の労働力と車の消耗は別として

以前はバスのほうがお得な感じだったけど、
高速バスの事故があってからかなり値上がりしたからね。
「自由」を取るか「楽」を取るかの選択かな。



軽井沢

5月の週末。
娘と息子と、ちょこを連れて日帰りで軽井沢まで行って来た。

相変わらずの弾丸旅行。
まだちょことワンコの聖地、軽井沢に行ってなかったからね。

行きながら高速で逆走まがいの車がいるわ、
三芳SAのGSで軽トラックから火が吹いてるのを見るわで
怖っ、怖っ~の連続の波瀾万丈の道中だったけど
その後のニュースにもなってなかったし、たいしたことなかったみたいで良かった。


そんなこんなで無事、軽井沢へ到着。
まずはランチにと、憧れてたカフェへ。

RK
フラワーフィールドガーデンズの一角にある素敵なカフェ、RKガーデンさん。

窓がないオープンエアーの開放感たっぷりの店内は嬉しいワンコOK
ゆえにエアコンもなし。
外気温が30度近くあったにもかかわらず、吹き抜ける爽やかな風が心地よくて
ぜんぜん暑く感じなかった。

RK②

そよ吹く風と緑いっぱいの景色、ゆったりとした柔らかいソファーと美味しいビーガンランチ。
素敵なカフェに子供達と、傍らにはちょこが居て。 
なんて至福の時なんでしょ。

とっても居心地のいい素敵なカフェでした。
また絶対に来たいな。


それから、軽井沢でNo1の人気だというパン屋さん、ハルタに寄ってみたら
すでに売り切れ状態。
ショーケースにあった残り少ないパンを1種類づづ買ってきた。
家で食べてみたら、これがもう絶品で。
ハルタでパンを買う為にまた軽井沢に来ようと思うくらい
ほんとに美味しいパンでした。


一度は行ってみたかったハルニレテラスへ。
駐車場は満車だったので、ちかくのホテルの駐車場に停めて歩くことに。

徒歩10分弱。緑あふれる遊歩道には小川が流れてて
涼しくて気持ちいい散歩が出来た。
ちょこも頑張って歩いてくれたけど
シャコタンだから枯れ葉がたくさん付いちゃって
モップ状態で大変だったね。

教会

ハルニレテラスは人が多くて、結局写真もあまり撮れず。
ちょっとお店を覗いて、アイスを食べてトイレに入っただけでおしまい。
確かに綺麗な所だけど、思ったほど魅力的ではなかったかな。

駐車場の側には石の教会やらがあったり、軽井沢らしい場所もついでに見れて良かった。


そして山道を通って、天空のカフェ・アウラまで。
天空のカフェ

ペット専門テラスがちゃんとあって、行ってみると4席ほどの席は満席
しかも犬連れは1組だけ。
は?
ペット専用テラスって書いてありましたよね?
テーブルにもそう書いてあるでしょ。
他にもテラスは空いてるし、店内だって空いてるでしょ。
犬連れは他に選択肢がないんだからさー、空気読んでほしいわー。
と、言いたいのを押さえて待ってたら、一組の客がどいてくれた。
やれやれ。

さて、気を取り直し。
そんなに標高が高いわけじゃないけど、霞が晴れた山の景色は素敵で
澄んだ空気が気持ち良くて、とっても癒やされた時間でした。

カフェとしては、飲み物もセルフで紙コップだし
ケーキ類は簡単な紙で包まれたスティック状のやつだし
ちょっと残念なとこもあるけど、
この雰囲気はプライスレス、ってとこかしらね。

「天空薬」っていうナッツの入ったお土産ももらったのも嬉しかった。


帰り際、ちょっと前にやってた大好きだったドラマ
「カルテット」のロケ地が近くにあるからと寄ってみた。

ロケ地
4人が最後にコンサートを開いた場所。大賀ホールという所。

敷地内にあったブランコもロケに使われた場所。
ファンにはたまらんですわ。

今度、またロケ地めぐりをしに軽井沢に来ようかな。



ちょっとした渋滞にひっかかりつつ、21時には二子玉に着いた。
アイアンマン
大好きなアイアンマンさんで夕食。

ここはホントに優しくて、店内ワンコを入れてもらえるし、
接客は素晴らしいし、料理は美味しいし。
何かにつけちゃ寄ってしまうわ。
私達の事を覚えてくれてて、サービスしてもらったり。
ホント、ありがとうアイアンマン!

娘を送り届けて帰路に着きました。

軽井沢は案外近いね。
帰りはさすがに後半は娘に運転してもらったから楽だったけど
日帰りで往復3時間の運転はちょっともうキツイかな。

慌ただしかったけど楽しい日帰り旅でした。


4月のおでかけ

さくら

今年も桜の季節がやってきた。
桜が咲き始めると、道を走っててもなんだかワクワクするね。

どこか名所に桜を見に行きたいけど、混むのは嫌だから
いつも近所の公園とか川岸の桜が咲いてる道へお散歩がてら。

毎年撮るけど、桜のアップはどこで撮っても同じなんだけどね 
なぜか撮らずにはいられない 

桜は大好きな花。
ランキングを付けるとしたら、1位 さくら 
                  2位 チューリップ
                  3位 クレマチス  かな。


sakura.jpg


桜とちょこ
やっぱり春はいいね。桜はいいね~。



さて、4月のおでかけを書き留めておこう。

せっかくテラスが気持ちいい季節になったというのに
今回は天気が悪かったり、車検だったりであんまりちょこと出かけられなかった。

やっとちょこを連れて出かけてきたのが、26日。
夏服やらの荷物を届けに、妹も一緒に娘のところまで。

せっかくのおでかけも、天気予報は雨&強風 
が、着く頃には一転、お日様も顔を出してくれた 

RHカフェ

ランチは二子玉川にある、とってもお洒落なRHカフェ。
ビルの3階にある広々としたテラスがワンコOK。
二子玉はワンコ連れが多いから来やすくて好き 
ただ、駐車場がバカ高いのが難点。

RHにて
久しぶりにお出かけできて良かったね。


リゼッタ
その後は二子玉で少し買い物をして、お決まりのカフェリゼッタさんでティータイム。



多摩川散歩
お腹一杯になったので、腹ごなしに多摩川沿いを歩くことに。
ちょこ、初めての多摩川散歩。とっても広くて気持ちがいい。

よっぽど美味しい草があったのか、ちょこは草をハムハム食べてばかり 

いっぱい食べて歩いて楽しかったね。








遡って14日は女子会で鴨川にあるカフェランプさんへ再び。
IMG_3815.jpg
ここのお料理は凝ってて見た目もステキだし
旬の地元野菜をふんだんに使ってるから新鮮で美味しい。
みんなも喜んでくれたみたいで良かった 

ワンコOKじゃないのが残念だけど、また違う季節に行ってみたい。

トークショー

大好きな写真家の井上浩輝さんとケント白石さんが
銀座のSONYストアでトークショーをするというので急きょ行ってきた。


2,3日前に松屋の跡地にできたGINZASIXの影響か、すごい人出。
こりゃどこも混んでるかな、と
行ってみたかったカフェをのぞいたらガラ空きだったので寄ってみた。

カフェ
nu dish Mousse Deli & Cafeさん。デリのお店。

オシャレなお店で料理も凝ってるものばかりなんだけど
スープはぬるいし、デリは冷めてるからなんだかお弁当を食べてるみたい。
珈琲も作り置き。残念。

でもカウンターもあるし、
いい感じにほったらかしてくれるからひとりで寄るにはよかった。



そしていよいよSONYストアーへ。

この日はSONYさんのイベントの中でも最も人が集まったそうで
スタッフさんがなんだかもたついて、配るはずの整理券はないわ
自分たちが並ばせた列がわからなくなって右往左往するわでなんだかグダグダ

でも、ちょっとだけ早めに並んだおかげで、前から3列目に座ることが出来た


お二人とも、北海道を拠点に活躍されている有名な写真家。
写真好きの人でこの人達の有名な作品を知らない人はいないだろう。
きつね
動物を主に撮られる井上さんの代表作。
他に何点か有名な作品も見れて良かった。
北海道で動物を撮る裏話も満載で楽しかった。

青い池
ケント白石さんと言えば、この「青い池」
太陽を交えて撮ることが多い白石さんは、目を傷めてしまったらしく
この日は術後だというのに眼帯をして参加してくださったようで痛々しかったな。


井上さん

使ってるカメラも桁違いだろうし、話す内容があまりにも格が違い過ぎて
言ってることはわかるんだけど・・・やっぱりプロは違うなぁ 
でも、構図や編集のいい勉強になった。
思い切って来てよかったな 

やっぱり何事も好きこそ。どこまでも追求していく姿勢が凄い。
そこまで夢中になれて、それを仕事に出来るってホント幸せだと思う。

有名なお二人を間近で見れて貴重なお話を聞けたし
近くの人と色々お話も出来たし、ステキな体験をさせてもらいました。

大山千枚田

いつの間にかもう3月
気温はまだまだ低いけど、お日様の光は少しづつ暖かくなってきてる 

そんなぽかぽかな穏やかな日に、
お姑さんの法事やらなにやらで疲れてた友達の慰労を兼ねて
たまにはコースでのんびりランチをしようと出かけてきました。

タイトルは大山千枚田だけど、この日のメインは
鴨川にある里山カフェ(というよりレストラン?)Cafe Lamp さん。

IMG_3401.jpg
こんな僻地にあるのに平日でも予約で満席という、マダム御用達の素敵カフェ。
この日も女性オンリーで満席。

たぶん、以前は酪農農家だったんだろうな。
敷地にサイロがあったり奥には牛舎だっただろう建物もあって、なんだか懐かしい雰囲気。
大きなビニールハウスの中には苺や自家製野菜が栽培中。

カフェはその農家の敷地に建てられた、ちょっとオシャレな洋館風。
なにしろ料理が凝ってて、遊び心も満載。
お客さんを楽しませてやろう感が伝わってくる。
自家製野菜をふんだんに使った、心の籠もった素敵な料理の数々でした。

彼女もこの料理で癒やされてくれたことでしょう。


ちょこは今回も車でお留守番 
脇の方に使われてないテラスもあったので聞いてみたけど
食事する場所として使うつもりはないそうで・・・
ま、仕方ない。


車でお利口にしてたちょこの散歩をしに、近くにある大山千枚田まで。
途中にある、みんなみの里に寄り道して長狭米や野菜を買いこんで向かいました。


千枚田

今まで近くに来た事もあったけど寄ったことがなくて、意外にも初めて来た千枚田。
この時季は緑も少ないしどうだろうと思ったら
ちゃんと手入れがされていて、とても見事な段々田んぼでした。
田植えの頃に来たら圧巻かもしれないね。


千枚ちょこ
誰も居なかったので、ノンビリと自由にお散歩。


1千枚田
これだけ綺麗を保つのは大変だろうなぁ。

その後、観光バスがきて栃木の年配者御一行様がぞろぞろ降りてきたので退散。

長閑な、なかなか素敵な場所でした。

いつか夜にあるライトアップも見に来てみようかな。
ほんの数時間だったけど、ちょっとしたお出かけ気分で楽しかった。




千枚田ちょこ
田んぼを眺め、なにを思う…





武蔵御嶽神社

よく晴れた日曜日

娘とちょこを伴って、ワンコ連れの聖地、
青梅市にある武蔵御嶽神社にちょこの健康祈願に行って来ました。

おいぬ様(日本狼)を祭っている神社ということで
大手を振ってお参りできる、ワンコ連れにはありがたい神社です

HPによると…

”日本武尊が東征の際、この御岳山から西北に進もうとされたとき、
深山の邪神が大きな白鹿と化して道を塞いだ。
尊は山蒜(やまびる=野蒜)で大鹿を退治したが、
そのとき山谷鳴動して雲霧が発生し、道に迷われてしまう。
そこへ、忽然と白狼が現れ、西北へ尊の軍を導いた。”

という逸話が元になって犬を祀るようになったそうです。


ケーブルカー

ケーブルカーで上がって行きます。
ワンコは一番後ろのブースに、抱っこでOK。
ちょっと狭いので、ワンコ連れが多い時は大変かもな~

ケーブルカーは超ナナメ。山は45度くらいありそうな急勾配でちょっと怖いくらい。
「東京都」と付く場所にそんな山があるというのも驚き。



地図
ケーブルカーを降りて、徒歩で約25分の道程を歩いて神社まで。

ケーブルカーを降りた先にリフトがあるんだけど、この日は誰も使ってなかったような。
このリフトの利便性がちょっとわからなかったなぁ


山道
最初は平坦な道を余裕で歩いてたら、どんどんと急坂に。
その一番きっつい坂の所に、
樹齢1000年という、神代欅の木がありました。
平安時代から生き抜いているという長寿木。凄いなぁ

ちょこも頑張って坂道を歩いてたけど、さすがに途中で固まってしまった
あとは330段ほどある階段が続くので、娘に抱っこしてもらって頂上へ。


お参り
犬の形を象った「犬形代」に名前を書いて、ワンコの身体をさすり、
それを袋に入れて渡すと、後でまとめて祈祷してくれるということで、
ちょこの身体を隈無くスリスリ。ちょこは大変、迷惑顔でした

健康で長生きしてちょうだいね、ホント、お願いね。



千本屋さん
参道にはワンコ店内OKのお店が確か3件ほど。
どのお店にもワンコを連れた有名人の写真やサインがたくさん。

千本屋さんというお蕎麦屋さんで休憩。
蕎麦も美味しかったし、ワンコ用に水やおやつまで出してくれて
サービス満点で、とっても居心地のいいお店でした。


下り
帰りのケーブルカーでは3匹のラブラドール達と一緒。
ちょこはしれ~っと気配を消してたけど
若いラブラドール御一行は、神社の先にあるロックガーデンまで歩いて来たそうで
白いラブちゃんは疲れて居眠りしちゃってました。
とっても可愛い仔たちでした。

ここにワンコを連れて来る人は、きっとみんな私らみたいな親バカばかりだね


フランスから来たという女の子達や、小さい子供達、
ワンコ連れの人ともたくさん話が出来て、ほんと楽しかったなぁ。


景色
頂上の神社からはあまり景色が見えなかったけど、
ケーブルカー乗り場の所からは綺麗に見えました。
う~ん・・やっぱり東京都とは思えない。


急に思い立って出かけた御岳山だったけど
とっても楽しい山歩き&お参りが出来ました。
何より、ちょこと来れて良かった。





それから、来る途中で何気に見つけた可愛い看板のカフェに
帰り道に寄ってみました。
(ちょこは車でお留守番

noco.jpg

nocoさんというベーカリーカフェ。
元は機織り工場だった場所を素敵にリノベーションしてあって
古い材料をそのまま上手に使った、温かな空間でした。

国分寺にある「ねじまき雲」さんの焙煎の豆をつかった珈琲、
丁寧に淹れてくれて、ほんとに美味しかった。
パンも絶品。また行きたいなぁ。ちょっと遠いけど

素敵なカフェにも寄れたし、楽しい小旅行となった一日でした。


あんよ

一緒に、まだまだたくさんお出かけしようね。